コンサルタントご挨拶

HOME > コンサルタントご挨拶

はじめまして、Career Marketingの北里です。

 
国内大手メーカーに約5年、外資系メーカーに約7年在籍しマーケティング業務に携わった後に、エグゼクティブ・サーチ・ファームで2年間ヘッドハンティング業務に携わりました。そしていまは中堅企業の人事業務に従事しながら法人・個人向けにコンサルティングをしています。私のキャリアは決して順風満帆といえるものではありません。


 

はじめての転職活動は苦労の連続

 
一念発起して、27歳で旭硝子を退職して海外にMBA留学したものの、帰国したらバブル崩壊後で、実務経験が少ないために転職活動は苦労の連続でした。転職活動の知識があり、自分の強みを理解していたらこんなに苦労しなかったのにと痛感しました。やっとの思いでセガエンタープライゼスというゲーム会社に転職し、海外アミューズメント施設の新規立上げに関わりましたが、事業は赤字続きで立て直しに奔走しました。人生そんなに甘くない。
 
 

外資系企業への転職で大リストラを経験

 
30歳でヘッドハントされて外資系企業のアップルコンピュータにマーケティング職で転職しました。はじめての外資系企業の転職は不安がつきもの。実力主義というイメージが強い欧米企業の中で本当にやっていけるのか悩みました。それ以前にアップルは当時赤字会社で、知人から「21世紀にはその会社は無くなるよ」と言われました。それでも、プロダクトに魅力を感じて転職することに。しかし、入社して3カ月目に大規模なリストラが実行され、目まぐるしく社員が入れ替わりました。ツライことや試練ばかりでしたが、それでも長く勤められたのはポジティブ思考の社員が多かったからです。また、スティーブ・ジョブス氏の復帰で、転落寸前からV字回復するまでジェットコースターのような成長曲線の中で業務経験をできたことは、私の財産です。
 
 

人のキャリアに興味を持つ

 
私の専門はマーケティングでしたが、30歳後半で人のキャリアについて興味をもち、一転してエグゼクティブ・サーチファーム(ヘッドハンティング会社)に転職しました。たくさんの面談を通して、優秀なのに自分をうまくアピールできていない転職者が多いことに気づきました。経歴や学歴が素晴らしいのに転職がうまくできていないのは本当に残念に思いました。そこで、転職者の“強み”を引き出して英文履歴書作成するキャリア支援サービスresumemarketing.jpを立ち上げました。
 
 

伝えたいこと

 
不確実な世の中であるからこそ、自分の人生は会社に依存するのではなく自ら行動し新しいことにチャレンジしていくことが求められています。
 
当社Career Marketingのサービスは、単に英文履歴書を作成するのではなく、逆境に負けないで“自分のキャリアもマーケティングする”ことを、サービスを通して伝えていくことが私の使命だと思っています。


 
 
 

お問い合わせ

 
050-5534-3656
(月〜金 9:00〜18:00)