外資転職キャリア支援CareeerMarketing blog

英語でチャンスをつかむ!外資系転職の方法、英文履歴書の書き方、面接対策、外資系企業について解説します

お役立ち情報 転職全般

あなたの転職プロモーションチャネルを構築する

2017/10/05

転職活動を開始したあなたはまず求人案件情報を把握し、自分をプロモーションする必要があります。

概ね次の図のように5つのチャネルルートから求人応募が可能です。
さてあなたはどのルートを使いますか?

求人企業にとって採用活動はコストです。
企業側も限られた予算の中で、各チャネル毎に予算配分して採用活動をしています。一般的に広告戦略は、読み手のクラス層に分けて媒体選定されて広告しています。
求人案件情報も然りで、人事マネージャーは各チャネルごとに応募者のクラス層を想定して採用コストの予算配分しています。

 

あなたが30歳前半ならば、求人企業はen japanやリクナビといった転職サイトや人材紹介会社にウェイトを置くでしょう。もし求人企業が本部長や役員クラスの人材を探しているならば、サーチ型の人材紹介会社(ヘッドハンター)を使います。

もしくはLinkedinといったビジネスSNSを介して直接スカウトする場合もあります。

つまり、転職活動は、年齢や役職ポジションによって求人案件を探すルートを変えていかないといけません。

年齢が上がるにつれて求人スペックも上がり、転職活動も難しくなるのは事実です。

自分を売り込むための転職ルートは、様々なルートがあることを意識してプランをたてて活動してください。

-お役立ち情報, 転職全般
-