外資転職キャリア支援CareeerMarketing blog

英語でチャンスをつかむ!外資系転職の方法、英文履歴書の書き方、面接対策、外資系企業について解説します

お役立ち情報 転職全般

転職活動の流れを掴む

2017/10/05

転職の成功確率を上げるには転職活動の流れを理解し、客観的に自分をみつめる作業をしなければなりません。
当社では転職活動を次の5つのステップで定義しています。

STEP1:転職理由の明確化

そもそもなぜ転職するのでしょうか?
大方、現状に不満に思って転職することがほとんどです。
人間関係、現状の年収、仕事内容、会社の経営リスク、会社の経営方針転換などが考えられます。
転職すれば必ずハッピーになるとは限りません。転職せずに社内異動など他に方法がないか検討したうえで転職リスクを冷静に判断したうえで行動すべきです。

STEP2:転職市場の把握

転職することを決めたら、現状のマーケット動向を把握する必要があります。最新の転職市場がどのような人を求めているのか知ることで、自分の市場価値も把握することができます。以前はもてはやされた資格が将来も売りであるか分かりません。ウェブ、転職雑誌、人材紹介会社などを通して求人動向を把握することは、あなたのキャリアの可能性を探る大事なプロセスです。

STEP3:求人案件探しと応募活動

転職理由が明確になり、転職マーケット動向を見て自分の可能性が把握できたら、具体的な求人案件の情報を入手する必要があります。人材紹介会社、求人企業のウェブなどから取捨選択していきます。あなたのマーケティングツールである履歴書・職務経歴書は、すべて求人企業に沿った内容になっている必要があります。

STEP4:内定と退職

採用通知を受けたら、雇用契約書に捺印して正式に内定したことになります。
並行して現職の退職手続きと退職日の決定、転職先の入社日の決定をしなければなりません。

STEP5:入社と試用採用期間のサバイバル

一般的に入社して最初の3ヶ月は試用採用期間です。その間に、新しい会社の仕事の進め方、社内用語の把握、社風、人間関係の構築に努めなければなりません。

-お役立ち情報, 転職全般
-